活き蟹の上手な捌き方

プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様に伝授しましょう。腹から「解体」するのが基本ですから、蟹のお腹が上になるようにしてください。「ふんどし」と呼ばれる、お腹の三角形の部分を引き剥がします。割と簡単に剥がれます。次いで、包丁の手元の部分を使い、お腹の真ん中に切れ込みを入れます。続いて、腹の切れ目を中心に、足を甲羅から取り外します。胴の内側のエラや薄い膜は食べられないので、指で外しておきます。蟹みそがこぼれやすいので、あらかじめかき出して甲羅を入れ物にしておきましょう。これで解体は終了です。さらに、脚は包丁や調理ばさみを使って関節で切り離し、身の肉を出しやすいよう、脚の表面に一直線の切れ目を入れておく。これにて蟹の捌き方はおしまいです。どうですか、意外と簡単でしょう。タラバガニの場合、どんな個体を選べばよいでしょうか。選べるなら、オスの方がおいしいのです。メスは卵を抱えているため、栄養分はそちらに行ってしまいます。タラバガニを食べる目的とも言える脚のおいしさを考えるとオスで決まりでしょう。これも通販では難しいですが、甲羅の中央部にある突起の数に注意してください。正真正銘のタラバガニは、突起が6つありますが、4つだけなら、アブラガニなので、タラバガニと信じて買わないでください。これからの時期が最も美味しい蟹。旬の蟹を最も楽しめる食べ方は、蟹本来の旨みを凝縮した、塩茹でか蟹鍋です。これまでに色々な調理法で蟹を食べてきましたが、間違いなくそう思います。蟹刺しなど、生で味わうのも本当に新鮮な蟹ならいいのですが、漁港の専門店で食べるような例外を除き、鮮度が落ちるので味は微妙です。蟹の食べ方として塩茹でや鍋が良いと言われる理由がそれです。それなら多少鮮度が落ちたくらいでは味は悪くなりません。もし風味が足りないと感じたときには、醤油や土佐酢といった付けダレに手を加えれば、ご自宅でも蟹専門のお店のような味わいが堪能できます。毛蟹の選び方は比較的はっきりしています。何点か挙げてみます。毛蟹がもっとも出回るのは冬です。全体に大きく、身が入っているのも冬で、この時期に獲れた個体を買いたいものです。実際に見て買えるなら、色艶はどうか、持ったときに手応えがあるか確かめてください。通販では難しいですが、できるだけ新鮮そうな、重たいものを選びましょう。手応えのあるかには身がしっかり詰まっています。購入する前に販売店の評価を調べ、高い評価のお店へ行けば新鮮で身が詰まった個体に出会いやすいと言えます。通販でかにを買う方にはタラバガニを買いたい方は多いようです。買う前に十分業者のことを調べてください。もっとお安い、アブラガニというかにがいて、ごまかされてもおかしくありません。タラバガニだと信じて買ったら、アブラガニを掴まされたことも実際にありましたので安さにつられて買うのではなく、お店の評価もしっかり確認してください。蟹好きの私には嬉しい季節になりました。無類の蟹好きである私は、美味しい蟹に巡り合うため、国内随一の蟹の名産地である北海道を訪れるのが、もう十年来の習慣となっています。蟹の美味しいお店はたくさんありますが、中でもお気に入りは、古くからの知り合いの方が切り盛りしている、道南・函館市の蟹料理専門店です。ここは本当にお勧めです。他では味わえないような、新鮮さを活かした蟹料理の数々が、これでもかとばかりに出てきます。もうすぐ今年もその店を訪れることができると思うと胸が躍ります。蟹を食べるのにお得ないい方法は、ツアー企画で、日帰りで蟹食べ放題が楽しめるというものが存在しています。ぜひこちらの利用を勧めます。何故かというと、この方法を使って蟹を食べた場合、一般的な方法で蟹を入手し家で食べるのと比べて蟹を食べるのに確実にお得な方法だからです。なおかつ、この種の企画は蟹が名物の場所で開催されることが多いので値段や量に加えて、上質であるということにも納得できると思います。冷凍かにをまとめて購入するとかさばることもあり、外に出しておけば解凍できると思う方もいるらしいですが、せっかくのおいしいかにがもったいないので解凍は十分時間をかけましょう。かにを上手に解凍するコツとして忘れず行いたいのは室内に出して解凍するのではなく面倒でも冷蔵庫に入れましょう。冷蔵庫の温度が魚介類の解凍には最適なので、ぜひ心がけてください。贅沢品といえば何といっても蟹。私も蟹は大好きで、ネットの蟹通販は大変ありがたい存在なのですが、通販は相手が見えないですから、注意すべき点もあります。お店のように現物を見て買うわけにはいかないので、蟹の量が何キロになるのか、何杯分になるのかは確かめておくべきです。購入者を欺こうとする悪質な業者もいるのです。また、蟹は冷凍で届くので、解凍にも気をつけましょう。蟹を解凍する際には、時間をかけて自然に解けるのを待つことが大切です。よくある失敗は、解凍を急ぎすぎて肝心の旨みが抜けてしまうことです。モズクガニをご存じですか。何と、かの有名な上海ガニと種は異なりますが、同じ族のかにです。上海ガニと異なり、背中に細かいまだら模様があり、大きくても甲幅8センチメートルくらいですから、食用がにとしては小さめです。重さとしては、170グラムから180グラムが普通サイズという小さなかにです。それから、小さい個体は雄のことが多いです。昔から日本で多くみられ、食用としてよく使われています。蟹にも色々あります。買うときに、国産と外国産、どっちの蟹を買うほうがいいのか、決めあぐねる人もいるようです。しかし、正直な話、どっちを買っても、同種の蟹であればさほど差異はないと言ってよいでしょう。それより大事なことがあるとしたら、そのお店が信用できるかどうかです。蟹のグレードを左右するのは業者の質です。信用できるところの蟹なら、国産か輸入品かといったことはそれほど問題ではありません。「紅ズワイガニ?おいしくない」ともっともらしく言われますがそれは思い込みかもしれません。紅ズワイガニの当たりはなくはずればかりだとしたら今までおいしい紅ズワイガニにあたったことがないためでしょう。新鮮な紅ズワイガニの味と言えば、実においしいかにです。新鮮な紅ズワイガニは手に入りにくいのでどうにも誤解されがちです。詐欺の罠というのは、恐るべき巧妙さで法律や取締りからの抜け道を編み出し続けており、実際に先日危うく騙されかけたのが、かにをえさに通販と称してお金を騙し取る、かに通販詐欺です。どんなものかというと、まずは電話でアンケートを口実にこちらの好みを探り、通販の話を持ち出してくるのです。日本人の悪い癖が出て、相手に気を遣い、断りの言葉を言えないでいると、何日かたって、目玉の飛び出そうな値段と思われる大ぶりのかにがどーんと届けられ、初めて詐欺にあったことに気付くというわけです。また、通販会社の中には、大きさも品質も最上級の品揃えと保証しながら、まるでどこかの国で発覚した杜撰な食品管理の話のような、衛生的とは言えない品質のものを送ることまであるそうです。法律的な考え方はともかく、こんなやり方は詐欺も詐欺、悪質な手口だと思いませんか。このような詐欺にあうことなく美味しいかにを楽しむには、日頃からの情報収集が肝心です。通販で買ったかにを食べるとき、注意してほしいのです。アレルギーでなくても、かにの食べ過ぎには用心してください。毛蟹を通販で大量注文し、買った品のほとんどを彼女と二人で食べていると、身体が冷えてくるのがわかりました。でも、おいしくて食べるのをやめられません。寒気は収まらず、震えだしてしまいました。あのときのかには本当においしかったのですが、かにの食べ過ぎ、特にビールを飲みながら食べるのは危険です。少しずつ、味わいながら食べてください。お歳暮にかにを贈る方もいらっしゃるでしょうが、最後まで気を抜かないでください。実にありがちなことですが、贈るかにを決める際、手間を惜しんで店側に選ばせてしまうのはいけません。とてもよくある話ですが、自分が選ぶよりましだろうと決め込んでいると、鮮度が今ひとつのかにや、一見わからない傷のあるかにを贈ってしまったら大変です。生鮮食品を贈るわけですから、実績のあるところから買うことを勧めます。夕食のテーブルにかにがあるだけでぱっと明るくなるという記憶を誰にでもあるものです。丸ごとのかになどあった日には、家族全員の笑顔が見られたでしょうね。丸ごとのかにを手に入れたくても、小さなスーパーだといつも丸ごとのかにを扱っているとは言えません。通販なら一匹丸ごとのかにも新鮮さは市場と変わらず、お店を通さない分安く買えることが多いので、お財布にもやさしいでしょう。ガザミ、イシガニは、食用になるとワタリガニと呼ばれます。かにまみれ 楽天
食用がにとしてみた場合、その脚は太くはありませんが味噌はどのかににも勝るとも劣らず味噌好きをうならせています。贈答用とは言えませんが、自家用にふさわしい値段で脚より味噌、と考えるなら一押しと言えるでしょう。丸ごと調理するのも簡単なサイズで調理法も味付けもバリエーション豊かです。蟹といえば殻をむくのが面倒ですよね。そんな方にオススメなのが、ポーションと呼ばれる、むき身の脚がたくさん入っているタイプの商品です。ポーションよりも活蟹のほうが新鮮で美味しいですが、あの殻を剥くのが面倒で蟹を敬遠する人も多いですよね。どうすれば蟹を手軽に味わえるのかは永遠のテーマでしたが、その点では活蟹よりもあえてポーションの蟹を選び、蟹鍋をするのが最も幸福感を得られる味わい方でしょう。ポーションタイプではなく、丸ごと揃った蟹を味わいたい方は、ネット通販なら訳ありの蟹を安く売っているので、普通に買うよりお得に美味しい蟹を味わうことができます。皆さんも蟹通販でお得に蟹を楽しみましょう!日帰りで、かにの食べ放題を体験するツアーは本当においしいかにが食べられるのでしょうか。おいしいかにを食べたい方、この手のツアーに参加していない方は、いつかきっと、有名なかにの産地に行ける食べ放題ツアーを上手く見つけることを考えてはいかかでしょうか。実は、こうしたツアーでは、産地おすすめのおいしいかにを近くのかに料理店に行くよりお得な価格で食べられることがほとんどなのです。どんな人も好きなかにの調理法、ゆでがにのコツをお教えします。これからは、塩を入れたお湯で茹でてください。塩分は濃くしないことを心がけて、塩が入っているという程度のゆで汁で結構です。もしも鍋に入りきらないくらい大きなかにだったら、思い切って、甲羅と脚はお別れさせ熱が全体に回るようにしましょう。お湯や鍋が汚れない程度に、全体をきれいにしておくと衛生的ですね。