鉄の塗装について。。

鉄で作られたものの塗装に関しての話題です。。
鉄は多くの物に使われているのですが、それは、価格が安くで加工しやすいという事があるからだと思います。 しかし、鉄に関して言えば、問題点は錆びるという事です。
そのため、こまめにメンテナンスをする必要があります!
まぁ、ステンレスや銅、アルミに比べると価格も安いので、仕方無いとは思いますね。。

鉄でできた物の塗装は、各塗料メーカーの資料で書かれているのは、5~6年で塗るという事です。
まぁ、今ではフッソ樹脂などもできていて、長期間 塗装を必要としないという材料もあるのですが、塗り方、下地の処理の仕方、また艶がなくなってくるという事を考えると、やはり10年未満で塗装をするというのがお勧めだと思います。

塗装を順序で説明しますと、まずは現在錆ている部分を掃除するというのが重要です。

多くの場合、膨れたような感じで表面が膨れている状態になっています。 その内部が錆てきているという事になるので、表面を削るようにして錆を除去します。
今では、変性エポキシ樹脂と言われる、下地も選ばず、上塗りも選ばないというエポキシ樹脂がありますので、そちらで錆止めを行います。  錆止めは、表面に分厚く被膜を付けるという意味で重要です。 上塗りは、どの材料であっても、膜厚が薄いので、それだけで塗装を行うのは、やはり長期間 錆の発生を防ぐ事が出来ないという事です。
神戸 塗装
先ほどの掃除の時の話ですが、塗装した部分が白ぼけている場合、チョーキングといって塗膜が劣化した状態なので、その部分も綺麗に除去する必要があります。


錆止めの上で、一般的な仕様では、2回は塗装するのがお勧めです。
公共工事などの仕様の場合は、錆止めを2回、中塗り、上塗りと合計最低でも4回の塗装になります。
まぁ、一般的な塗装の場合は、錆止めは1回で、その上に中塗り、上塗りと同じ塗料を2回塗る仕様で問題ないと思います。

先ほども書きましたが、各メーカーの仕様を見ても5~6年で塗装を行うのがベストと書かれているので、こまめなメンテナンスが重要です。  まぁ、外壁塗装と同時に工事を行う場合が足場の関係などでもお勧めですので、10年持たす塗装を行うのがお勧めです。

今では、上塗りはシリコン樹脂、ウレタン樹脂が一般的になってきています。 実はフッソ樹脂も価格はさほど高くないので、勧められる事もあるかもしれませんが、フッ素樹脂を使った場合、再度 塗装を行う時、非常に面倒な処理が必要になってきます。 他の材料よりも塗膜が固くなるので、一般的な変性エポキシ樹脂では、ひっつきが悪く、あとで捲れの原因にもあるのです。
ですので、フッ素樹脂の再塗装の場合は、下地処理が重要になります。 一般的な掃除よりも、塗替え前のフッソ樹脂を研磨して落とすくらいの作業が必要になっています。。

あと注意したい事は、鉄部の塗装は、やはり油性の材料がお勧めです。 今 ホームセンターなどでは水性の鉄部用の材料も販売されていますが、あまりお勧めできません。 水性の材料の場合、被膜が分厚いのか、粘度が高いのか、被膜が鉄部から離れて、その隙間に水が浸入し、余計に錆びる事がよくあります。
使い勝手が水性の材料の方が良いのですが、塗装屋としては、問題ありだと思いますね。。

神戸 塗装

今井塗装